在宅ワークによる運動量の低下で免疫力コントロールに役立つ腸内細菌が減少

2017-08-24_00h03_35 IT総合
サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が社長を務める、アスリートの腸内環境を解析するスタートアップ、AuB(オーブ)は、京セラとの共同研究で、「在宅ワークによる運動量の低下を原因に、免疫力をコントロールする酪酸菌が腸内から減少する」などの結果を得たと発表した。
AuBは、京セラと腸内細菌に関する共同研究契約を2020年2月に締結し、人の健康寿命の延伸に貢献することを目的として研究を進めており、その一つが、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました