移動中でもスポーツ試合を「ライブ」で観戦! YBVRの次世代動画システム

IT総合
スポーツの試合ほど、「ライブ」で観たいものはないだろう。しかし、昨今は人の密集を避けるため、試合会場に足を運ぶのは難しくなっている。このような課題に対し、ソリューションを提供する企業がある。
現地にいなくても「ライブ」感覚
本社を米国カリフォルニアに構えるYBVRは、クラウドベースの次世代型動画プラットフォームを展開。スポーツファンが自宅や移動中でも、ライブで試合を観戦する手段を提供している。その最大の特徴は、ユーザーが実際に試合会場に足を運ばずとも、どこででも「そこにいる」感覚を体験できる点だ。
コンテンツの消費者であるファンは、場所や時間帯にしばられないほか、携帯電話やXRデバイス上でライブのような視聴体験をすることできる。一方で、同社のシステムにより、スポーツ・音楽イベントの主催者や、コンテンツの権利保持者に新たな収益源を提供することも可能になるという。
現在、YBVRのプラットフォームは2021年全豪オープン(メルボルン)や、2021年ファン・コントロールド・フットボール(アトランタ)、ユーロリーグ・バスケットボールF4(ドイツ・ケルン)などのイベント配信に活用されている。世界中のスポーツやコンサートファンに、コネクテッドデバイスを通して完全没入型の視聴体験を提供している。
150万米ドルの資金調達を実施
そして、YBVRはこの度Verizon Ventures、Wayra

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました