ミレニアル世代の平均視聴時間は90分超! モバイルストリーミングの最新トレンド発表

IT総合
スマートフォンの性能が年々向上するにしたがって、今ではストレスなくモバイルで動画を楽しめるようになった。アジャスト株式会社は、2020年のストリーミングアプリのデータから最新トレンドを読み解く「モバイルストリーミングレポート2021」を発表した。
同レポートでは、日本・米国・英国・ドイツ・トルコ・シンガポール・韓国・中国で8000人の消費者を対象に行った調査データを解析し、ストリーミングに関する各国・全世代のユーザー動向をグラフを用いて解説している。
あらゆる国や世代で利用率が増加
着目したい点は中国とトルコのユーザーだ。両国ともに9割以上のユーザーが、毎日〜週1回の頻度でスマートフォンからストリーミングを行っていると回答している。一方で、先進国である米国は約7割、日本は約6割、英国は5割未満に留まった。
世代別の視聴時間はどうか。本レポートからは、ミレニアル世代(1980年代序盤から1990年代中盤までの生まれ)は、モバイルストリーミングの視聴時間が最も長いユーザー層であることがわかった。セッションあたりの平均視聴時間は90分以上で、それに続くZ世代(1990年代半ばから2000年代序盤までの生まれ)は90分を少し下回る結果になったという。
意外な点は、55歳以上のユーザーだ。視聴時間は短いものと思われたが、セッションあたり平均視聴時間は65分と、この層でもストリーミングを利用

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました