環境ラベルとは?経営者が知っておきたい種類やポイント、メリットを解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
エコマークをはじめ、最近では商品に環境ラベルを表示する企業が多い。環境ラベルの注目度は確実に高まっているが、企業が環境ラベルを取得するメリットはどのような点にあるのだろうか。今回は、経営者が知っておきたい環境ラベルの基礎知識を紹介していく。環境ラベルとは?主な役割や目的 (画像=PIXTA)環境ラベルとは、環境負荷の低減や環境保全につながる商品・サービスを一般消費者に伝える印のことだ。環境ラベルと聞くとマークをイメージするかもしれないが、ほかにも文章や広告など、現在ではさまざまなタイプの環境ラベルが存在している。環境ラベルの役割としては、現代社会を環境配慮型の社会に変えることが挙げられる。例えば、消費者が環境ラベルを重視して商品・サービスを購入するようになると、世の中の企業は環境ラベルを取得する方向に流れるので、社会全体の環境負荷を抑えられる。最近では、2015年の国連総会で「SDGs(持続可能な開発目標)」が採択されたり、ESG投資が注目されたりなど、世界的に環境保全への関心が高まっている。その波は日本にも浸透しつつあるので、環境ラベルの重要性はますます高まっていくだろう。環境ラベルの種類3つ環境ラベルの国際規格を定めるISO(国際標準化機構)は、環境ラベルを3つの種類に分けている。まずは、それぞれの環境ラベルがどのような特徴を持つのか、各種類の概要を解説していこう。1.タイプ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました