経理処理に欠かせない三分法の基礎知識!分記法や総記法との違いも紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
法人は記帳処理の方法を正しく理解すると、経理処理の負担を大きく抑えられる。特に三分法と分記法の2つは、経営者として確実に押さえておきたい基礎知識だ。今回は各方法のメリット・デメリットに加えて、具体例を使いながら仕訳のルールも確認していこう。目次三分法とは?基本的な記帳処理方法をチェック分記法とは?総記法とは?売上原価対立法とは?三分法で記帳処理をするメリット・デメリットとは?三分法のメリット三分法のデメリットひと目でわかる!各記帳処理方法のメリット・デメリットまとめ記帳処理方法のメリット・デメリット一覧表三分法・分記法が採用されている主な業界具体例を使って仕訳の方法を分かりやすく解説!モデルケースにおける仕訳に関するデータ1.三分法の仕訳例2.分記法の仕訳例3.総記法の仕訳例4.売上原価対立法決算も見越して、総合的に使い勝手の良い記帳方法を三分法とは?基本的な記帳処理方法をチェック (画像=PIXTA)三分法とは、商品売買に関する仕訳を行う際に「仕入・売上・繰越商品」の3つの勘定科目で処理をする方法のこと。記帳処理方法には他にも「分記法・総記法・売上原価対立法」があるものの、これらの中でも三分法は最もポピュラーな方法であるため、特に経理を行う者はしっかりと基礎を身につけておくことが重要だ。法人の記帳処理はやや複雑だが、三分法を押さえておくだけでさまざまな取引を処理できるようになる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました