中小企業庁による事業承継を円滑に進めるためのサポートを徹底解説!早めの準備が重要

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
日本の経済・社会において重要な役割を担っている中小企業の活力を維持し続けるためには、円滑な事業継承の活性化が不可欠といえます。世代を超えて事業の継続・発展を図れるよう、事業承継の流れや課題、国のサポートなどを紹介します。会社の将来を見据えた事業承継のステップ (画像=PIXTA)事業の存続には、ヒト・モノ・カネといった3つの要素を引き継ぐ必要があり、経営者が交代するだけでは十分な事業承継ができない恐れがあるため、綿密な計画の立案が重要です。また、事業承継を行うことで、相続のトラブルを発生させるリスクも軽減できるでしょう。いつ頃から事業承継を検討し始めればよいか中小企業庁のデータによると、中小企業経営者の年齢は高齢化の傾向にあるものの、実際に事業承継の準備を始めている経営者はどの年代でも少ないのが現状です。中小企業経営者の平均引退年齢は約70歳であり、事業承継の準備には5~10年程度かかることを考えれば、遅くとも60歳頃までには事業承継の検討を始めるのがよいでしょう。現在の会社の状態を把握経営者が事業承継を行いたいと考えても、会社に事業を存続するだけの魅力が備わっていなければ、後継者を見つけにくくなるでしょう。また、会社の強みと併せて、課題点も浮き彫りにさせておく必要があります。自社のアピールポイントや改善すべき点、課題を克服するための方向性などを明確にしておくことが重要です。事業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました