ディスク障害時のRAID再構築時間を劇的に短縮する技術「dRAID」とは?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
「RAID」はデータを冗長化する技術として広く利用されており、最も冗長性を確保できるRAID 6では、最大2つのディスク故障までデータを保護することが可能ですが、ディスク故障から即座に復旧するためのホットスペアについては、単体のディスクを用いるしかありませんでした。「dRAID」を用いると、そんなホットスペアも各ディスクに分散させることができます。
dRAID, Finally! | Klara
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました