ライス大、太陽光パネルにも使えるカラフルなスマートガラスを開発!

IT総合
屋根などに取り付けられる一般的な太陽光パネルは機能的な反面、あまり見た目が良いとはいえないだろう。太陽光を効率よく吸収するためはこれ以外ない……と考えられていた設置位置やデザインは、ライス大学の研究者が開発したソリューションによって一変するかもしれない。
研究者は、光エネルギーを収集するためのスマートガラスを提案している。カラフルな「発光太陽集光器(LSC)」は窓にも取り付けられるという。
カラフルなアートワークも施せる
Credit: Yilin Li/Rice University研究者によるスマートガラスは特定の波長の光を吸収して、裏打ちした太陽電池に導くように設計されている。透明に保ちつつ赤外線と紫外線からのエネルギーを変換。パネルにパターンをプリントすることもできて、ステンドグラスのようなアートワークも施せるとのこと。
技術の要は中央レイヤーに利用されている導電性ポリマーにある。この材料は基本的に赤色光を吸収して放出するが、分子成分を調整することで、さまざまな波長の光を吸収できるようになる。また、あらゆる方向からの光を受け入れられ、放出を制限できるようだ。
屋内と屋外の光を利用できる
Credit: Yilin Li/Rice Universityエネルギー変換効率は一般的な太陽光パネルに劣るものの、窓にも貼れるため太陽光と屋内の照明どちらもエネルギーに変換できるとの強み

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました