バーチャル京都で和服を楽しむ! XRきもの展示場「京きもの語り」

IT総合
和装産業を牽引する京都の3団体(西陣織、丹後ちりめん、京友禅)は、XRきもの展示場「京きもの語り」を2021年2月18日にオープン。京都の街並みをリアルに再現した「バーチャル京都」のなかで、3団体が有するきものと帯がコラボした貴重なコーディネートなどを展示中だ。また、職人の技を知ることができる「工房ツアー」もあるという。
同展示場は常設サイトとして運営され、季節やテーマを設けて入れ替わる展示やショーを展開していく見込み。その役割は、ニューノーマルの新しい販売ツール、きものファッションの表現ツール、顧客とのコミュニケーションツール、海外への販路拡大など幅広いようだ。
和服へのハードルを下げる
「京きもの語り」へはユーザー登録のみでアクセス可能。VR機器など専用ツールは不要で、スマートフォンやPCから気軽に楽しめるようになってる。これにより、対面販売方法では和服に触れる機会の少なかった20代・30代の女性でもその魅力を簡単に体験することができるという。
メイン展示場は「京都きものXR巴」。ここには3団体のきものと帯が集結し、さまざまなコーディネートを披露する。空間内にいる人をくるくると回してコーディネートをチェックすることもできるようだ。
同サイト内に広がる「バーチャル京都」の構築を手がけたのはBIMobject Japan株式会社。石畳や木の質感などの細部にまでこだわったリアルな空間

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました