ヒトの鳥インフル感染を初確認、いま人に必要なことは何か

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ロシア南部で昨年12月、高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N8型」のトリからヒトへの感染が世界で初めて確認された。養鶏場の従業員7人が感染したが、いずれも軽症で、すでに全員が回復しているという。タス通信は2月20日、「ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターの研究者らが、鳥インフルエンザの感染が拡大していた養鶏場の従業員からH5N8型の遺伝物質を検出した」とするロシア消費者権利保護・福祉監
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました