刺激的なビジュアルが目を惹く! 吉野家「ねぎラー油牛丼」の気になる辛さは?

ガジェット総合
どんぶりの定番“牛丼”は、各チェーン店で様々なアレンジメニューが展開されています。吉野家では2月12日から、白ねぎをドンと乗せた「ねぎラー油牛丼」&「ねぎ山椒牛丼」の販売を開始。どちらも甲乙つけがたいものの、特に寒い日にうってつけなのが「ねぎラー油牛丼」(460円/税抜)。食べるラー油を使用した風変わりな牛丼の味わいに期待が高まります……。
 
【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】



 
【関連記事】
ローソンこだわりの“氷温熟成”豚肉使用!「だしの旨み! ロースかつ丼」
 
●「ねぎラー油牛丼」(吉野家)
餃子のタレなど、元々は調味料として使うのが一般的だったラー油。しかし、2009年に桃屋が具材ごと食べられる「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を発売したところ、「ご飯と相性がぴったり!」と“食べるラー油”ブームが到来しました。今ではすっかりご飯のお供としてラー油が定着することに。
 
そんな食べるラー油を白ねぎに和えた同商品は、赤々とした刺激的な見た目です。ご飯の上には、白ねぎのほかにも牛肉や玉ねぎなどの具材がたっぷり。以上のボリューム感で、リーズナブルにがっつり食事をとりたい人にはおススメですよ。
 
 
さっそくラー油の絡んだ白ネギ&ご飯を食べると、見た目に反して辛さは控えめな印象

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました