アプリに対して「Appleでサインイン」機能の搭載を強制することは独占禁止法違反の疑いがあるとして調査がスタート

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
アプリの開発者がiOS・macOS向けアプリにサードパーティサービスを用いたログイン機能を搭載する場合、「Appleでサインイン」ボタンを必ず搭載しなければならないというのが現状だそうです。これは独占禁止法に違反している疑いがあるとして、現地時間の2021年2月23日にアメリカ合衆国司法省が調査に乗り出していると報じられました。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました