デジタル署名と電子署名の違いは?経営者が知っておきたいデジタル化の基礎知識

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
ペーパーレス化が推奨される現代ビジネスにおいて、デジタル署名は欠かせないものになりつつある。時代遅れの企業にならないためには、今のうちから知識を身につけることが重要だ。デジタル化に不安を抱える経営者は、本記事を通して基礎知識を学んでいこう。今後のビジネスシーンで必須となる「デジタル署名」とは? (画像=PIXTA)デジタル署名とは、電子文書で契約を結ぶ際に「誰がどの文書に合意したのか?」を証明する署名のことだ。デジタル署名は電子署名の一種であり、「ハッシュ関数」や「公開鍵暗号方式」と呼ばれる高度な技術を組み合わせることで、通常の電子署名よりも高いセキュリティ性を実現している。現代のビジネスシーンにおいて、このデジタル署名は欠かせない基礎知識となりつつある。新型コロナウイルスの影響で電子文書のやり取りが増えており、2020年には政府も従来の印鑑を使った「押印の廃止」に取り組み始めたためだ。ペーパーレス化にもつながるので、今後もさまざまなビジネスシーンでデジタル署名が導入されていくだろう。つまり、デジタル署名に関する知識がないと、今後のビジネスシーンでは時代遅れになる恐れがある。スムーズにデジタル化に対応するためにも、自信のない経営者はこれを機に基礎知識を身につけていきたい。どうやってセキュリティ性を高めている?デジタル署名の仕組みデジタル署名の基礎知識として、まずはデジタル署名の仕

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました