SpaceXによる約897億円新資金調達をSECへの提出書類で確認

2017-08-24_00h03_35 IT総合
CNBCが報じたSpaceXの先週の8億5000万ドル(約896億9000万円)の資金調達に関して、公式の声明などは何もないが、米証券取引委員会(SEC)は米国時間2月23日、そのラウンドを確認した。SpaceXの資金調達は同社の評価額740億ドル(約7兆8090億円)がベースだといわれており、1株あたりの価値では420ドル(約4万4320円)となる。
Bloombergによると、投資企業Sequoiaがこの大きな資金調達をリードし、同社は2020年のラウンドと今回にかけて、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が率いる宇宙企業に全体で6億ドル(約633億1000万円)ほどを注入したという。CNBCの報道によると、さらに既存株の二次売却により同社には7億5000万ドル(約791億3000万円)の資本が生まれ、SpaceXが使える新資金は16億ドル(約1688億1000万円)となったという。これは460億ドル(約4兆8530億円)の評価額での、20億ドル(約2110億円)の調達した2020年8月と比べてもそれほど見劣りしない。
しかし、それが1年弱の間での調達となると、巨額と言わざるをえないだろう。しかし、非上場企業も含めて、一挙にこれだけの資本が必要な企業はあまりない。2年近い社史の前半に得た資金で稼ぎの良い打ち上げビジネスを構築できたが、それによってひと段落したわけではなく、今

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました