イオン液体市場―成分タイプ別、アプリケーション別(触媒および溶剤、プロセスおよび操作流体、プラスチック、バイオリファイナリー、その他)-世界の需要分析および機会の見通し2029年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは調査レポート「イオン液体市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年04月 06日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。世界のイオン液体市場は、2021-2029年の予測期間、中に高いCAGRで成長すると予想されます。この成長の背後にある主な要因は、低燃焼性や高熱安定性などの優れた特性により、さまざまな産業(主に工業用溶媒として)でイオン液体が利用されていることです。抽出および分離プロセスを実行するためのイオン液体の需要の増加、およびグリーンケミストリーの原理に基づいた溶媒の配合の重要性の高まりも、近い将来、市場の成長を後押しすると予測されています。当分析によると、再生可能化学物質の市場規模は2018年に約700億米ドルと計算され、2020年には850億米ドル以上に成長しました。市場セグメンテーション洞察イオン液体市場は、成分タイプ別(アンモニウム、イミダゾリウム、ホスホニウム、ピリジニウム、ピロリジニウムなど)、アプリケーショ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました