イーロン・マスク氏のNeuralinkデバイスを装着したサルが脳でピンポンゲームをプレイ

2017-08-24_00h03_35 IT総合

Elon Musk(イーロン・マスク)氏が率いるNeuralinkは、彼の数ある会社の1つで、現在、唯一マインドコントロールに焦点を当てている企業だ(私たちが知る限り)。Neuralinkは同社のハードウェアを使いサルが脳だけでピンポンゲームできるようになったといったことをまとめた最近のアップデートの詳細をブログと動画で公開した。
上の動画は、Neuralinkのセンサーハードウェアと脳インプラントを使って、マカクザル(「Pager」という名前の)の活動のベースラインを記録し、画面上でジョイスティックを使ってトークンを異なるマスに移動させるゲームをプレイしている様子のデモだ。Neuralinkはこのベースラインのデータを元に、機械学習を使ってマカクザルが物理コントローラーを動かす場所を予測し、最終的には実際に動く前にそれを正確に予測することに成功した。その後、研究者たちはスティックを完全に取り外し、ピンポンゲームと同じことを行った。マカクザルはもはや存在しないスティックで手を動かすことさえしなくなり、代わりにLinkハードウェアと埋め込まれたニューラルスレッドを介してゲーム内のアクションを完全に頭で制御するようになった。
私たちが最後にNeuralinkを見たのは、マスク氏自身が2020年8月にLink技術をライブで実演したときだ。ブタを使ってさまざまな刺激に応じて脳から信号を読

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました