高収入者がもしものために保険より不動産を選ぶ理由

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
不動産投資はリスクが高いと思われがちです。しかし、内容や仕組みを知ればハイリスクな投資ではないことが分かります。例えば、不動産投資は生命保険の代わりになる点はメリットの一つです。万が一のとき、残された家族が生活に困らないように、多くの人は生命保険の加入によって準備をします。しかし、必ず生命保険で準備する必要があるのでしょうか。今回は、賢く遺族へ資産を残す方法として高所得者が行っていることを解説します。残される家族への保障はどれくらい必要? (画像=svetazi/stock.adobe.com)家計を支える中心人物が亡くなった場合、残された家族は今までと同じ生活ができなくなる可能性があります。そこで残された家族の生活を支えるための資金を多くの人が生命保険などで備えている傾向です。もちろん金額が多ければ多いほど残された家族は助かりますが受取保険金額が多くなるほど保険料は高くなっていきます。受取保険金額は「現在の生活費」「残された家族の人数」「年齢」などにより必要保障額を算出してそれに合わせて準備するのが一般的です。40歳年収2,000万円医者、子ども2人の場合の試算必要保障額を計算するときに重要となるのは「家計の中心人物の年収」「家族の生活費」「教育資金」の3つです。今回は、年収2,000万円、4人家族(夫婦と子ども2人)の必要保障額について考えてみましょう。 続柄

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました