フラウンホーファー発の「Data Cofee」は大量で多様な収集データ活用の道を拓く!

IT総合
業務プロセスで生成されるデータを収集して最適化に活かそうとの取り組みが、製造企業や工場で実施されている。ただし、中規模クラスの工場などでは、年代もメーカーもバラバラな機器が稼働していることが多く、こうした機器から生成された互換性のないデータの活用法に悩んでいるようだ。
こうしたなか、フラウンホーファー製造・エンジニアリング・オートメーション研究所(フラウンホーファーIPA)の研究者チームは、多様なデータを読み取って、あらゆるアプリケーションで利用できるようにするソフトウェア「StationConnector」を開発した。
多様なデータを共通で利用できるものに
StationConnectorでは、複雑なプロセスを要するデータへのアクセスと評価を引き受けてくれる。これにより、産業向けプロトコル、制御システムおよびその他ITシステム間でデータが転用可能に。消費電力、回転速度、温度……といったパラメータは、あらゆるアプリケーションで均一に利用できるようになる。
工場とデータを活用するシステムの間にソフトウェアレイヤーを挟むことで機能。ユーザーは機器から生成された多様なデータを個別に管理し、調整する。
その際ITスキルは必要なく、アプリケーションの種類に応じてデータフォーマットの調整が簡単にできるようだ。
工場の効率評価や生産能力向上にデータが活用できるように
Credit: Fraunh

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました