パーセプションフロー・モデルで顧客の購買行動心理を分析・把握する

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
消費者の購買行動の認識変化を捉える「パーセプションフロー・モデル」が新しいマーケティングの概念として注目されている。競合他社から顧客を自社ブランドに取り込むには、顧客の行動心理を把握する必要があり、その手法や実践すべき方法を解説していく。目次パーセプションフロー・モデルは新しいマーケティングの概念消費者は具体的にどう行動する?基本的なファクターを解説顧客の購買行動を把握するための新たなマーケティング手法カスタマージャーニーにはないパーセプションフロー・モデルのメリットパーセプションフロー・モデルの具体的な活用方法テンプレートを使って自社のマーケティング戦略を落とし込むパーセプションフロー・モデルを使ってどう顧客満足度を高めていくかパーセプションフロー・モデルを活用した成功事例住み替え需要を予測するLIFULLの活用方法映画で活用したユニークな事例『カメラを止めるな!』これからのマーケティング戦略にパーセプションフロー・モデルは不可欠パーセプションフロー・モデルは新しいマーケティングの概念 (画像= joyfotoliakid/stock.adobe.com)パーセプションフロー・モデルとは消費者の購買行動に伴う認識や知覚(パーセプション)の変化に注目したマーケティング・マネジメント手法の新しい概念で、元資生堂最高マーケティング責任者の音部大輔氏(現Coup Marketing C

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました