ホンダとベライゾンがドライバーの安全性向上に5Gとエッジコンピューティングの活用を検討

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Honda(ホンダ)とVerizon(ベライゾン)は、5Gとモバイルエッジコンピューティング(MEC)が、現代のコネクテッドカーと将来の自動運転車の安全性向上にどう役立つかについて検証を行っている。
米国時間4月8日に提携を発表したこの2つの企業は、ミシガン大学にあるコネクテッドカーと自動運転車のための試験場Mcity(エムシティー)で、さまざまな安全シナリオを試験中だ。このベンチャーの目的は、5
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました