話題のDXとは?政府が推進する理由とマンション経営での活用法

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
IT関連の記事で「DX」という言葉を目にする機会が増えましたが、その意味を漠然と捉えている人も多いのではないでしょうか。DXは、これから企業が時代の変化に対応し競争力を高めていくために必要な概念です。本記事では、DXの概要や課題、マンション経営での活用法について解説します。そもそもDXとは何か? (画像=ocean_nikonos/stock.adobe.com)DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で、トランスフォーメーションを和訳すると「変化・変質」という意味です。DXは、広義としてデジタル技術で生活などを便利に変化させることですが、ビジネス上では主に経済産業省が定義した以下の意味を持っています。「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」出典:「DX推進指標」とそのガイダンス(経済産業省)「デジタル技術を使う」と聞くと、業務の利便性向上を想像するかもしれませんが、企業の持つ製品やサービス、ビジネスモデルの変革まで含めた広範囲な意味になっています。DXに取り組むメリットDXに取り組むことで企業にもたらされる代表的なメリットは以下の3つです。業務の効率化によって生産性が向上コロナウィ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました