【朗報】コインランドリーに宅配ボックス設置でいつでも受け取りが可能に

IT総合

ヤマト運輸が出資するPackcity Japanは、宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」を、コインランドリーwash+中葛西店の店内に設置した。
同店舗は24時間営業のため、いつでも受け取りが可能となる。配達についての問題が山積みの中、これまでの常識に捉われない、新たな受け取りインフラとして期待される。 Packcity Japanは、ヤマト運輸と仏ネオポストのグループ企業との共同出資により、2016年に設立された会社だ。「PUDO(プドー)ステーション」を駅やスーパー・アパートなどに設置することよって、複数の宅配業者の荷物を1か所で受け取ることができるサービスを提供している。2016年12月時点での設置台数は100台で、都市圏の駅沿線を中心に、スーパーや地方自治体の駐車場などに設置を進めている。現時点で利用可能な宅配業者はヤマト運輸とSFエクスプレスの2社だが、今後拡大予定だ。2020年までに5,000カ所以上の設置を目指しており、今回のコインランドリーへの設置は初の試みとなる。 http://www.zaikei.co.jp/article/20170412/364188.html https://www.atpress.ne.jp/news/126345
続きを読む

Source: IT速報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました