Yahoo! MAPの「混雑レーダー」提供再開から1年、利用率は約5倍に

IT総合
ヤフー株式会社(以下、ヤフー)のスマートフォン向け地図アプリ「Yahoo! MAP」において、対象エリアの混雑度を確認できる機能「混雑レーダー」が、提供再開から1年の節目を迎えました。2020年4月に提供再開された同機能の利用率は、提供再開前の1年と比べて大幅に増えているようです。
「混雑レーダー」の使い方をおさらい
「混雑レーダー」では、エリアやターミナル駅周辺の混雑度を、視覚的にわかりやすく色分けされたヒートマップで確認できます。混雑度の算出にあたっては、ヤフーが提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可したユーザーのデータを、統計化して利用しているとのことです。
同機能を備えたアプリ「Yahoo! MAP」はAndroidとiOSに対応しており、公式ページから各アプリストアのページへアクセスできます。
アプリ起動後に表示される「混雑」ボタンをタップすると「混雑レーダー」が開き、24時間前から20分前までの混雑状況が確認可能になります。色分けの例として、人が多い場所は桃色や赤色、人が少ない場所は青色や水色で表示。また、状況の推移をアニメーションで再生する機能なども備えています。
提供再開の経緯
「混雑レーダー」は、2020年1月末に提供を終えた機能でした。しかし、同4月7日に「3密」の回避などが盛り込まれた緊急事態宣言が発令され、機能の提供再開を望むユーザーが増加。これを受け、高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました