Apple Watch、早ければ2022年に血糖値やアルコール濃度測定機能が搭載か

2017-08-24_00h03_35 IT総合
近い将来Apple Watchに非侵襲性(注射針で採血する必要がない)の血糖値測定機能が搭載されるとたびたび噂されてきましたが、早ければ2022年に採用される可能性が急浮上しています。
イギリスのスタートアップRockley Photonics社はニューヨークでの株式公開に向けて、アップルとの取引関係を明らかにしたとのことです。同社はスマートウォッチの背面に搭載されたモジュールから皮膚を通して赤外
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました