金子勝教授 後手後手の大阪、感染しても入院できない

2017-08-24_00h03_35 IT総合
金子勝氏
 立教大学特任教授で慶応大学名誉教授の金子勝氏が3日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルス新規感染者数が連日1000人台となっている大阪について言及した。 金子教授は「【憲法記念日に生存権が奪われている:入院、治療できず重症化】」とし、「後手後手の大阪では感染しても入院できず、早期治療できず重症化が増え、また医療が逼迫する悪循環に入った。感染しても入院できる率は全国最低の10.5%
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました