日本発のゲーミングブランド「REJECT」、eスポーツ関連事業を加速

IT総合
eスポーツチームの運営を中心とするゲーミングブランド「REJECT」を展開する株式会社CYLOOKは、このたび社名を株式会社REJECTに変更しました。社名新たに、急成長中のeスポーツ業界を牽引し産業化することに注力していきたいとのことです。今回はそんな同社の取り組みにフォーカスしてみましょう。
「REJECT」の実績
同社は、2018年にプロeスポーツチーム「REJECT」を結成。「VALORANT」や「ワイルドリフト」、「コール オブ デューティ(COD)」などシューティングゲームを中心に9タイトルのチームを保有しています。中でも、孤島で最後のひとりになるまで戦う「PUBG MOBILE」では、タイトル最多となる6度の世界大会出場を経験。チームを牽引するDEVINE選手は、国内公式大会二連覇を達成し、かつてモストキル賞を獲得した名実ともに「日本最強プレイヤー」と言われる19歳のスタープレーヤーです。
また、PUBGチームは、2021年4月に国内大規模eスポーツリーグ「PUBG JAPAN CHALLENGE 2021 Phase1」を勝ち抜き、国際大会「PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA Phase1」への出場権を獲得。4月14日~5月23日の期間、賞金総額約4700万円をかけた熱い戦いが繰り広げられるようです。
新規事業も視野に
このように、世界に通

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました