オンライン動画サービスの新しい利用者は女性! ニールセンが市場動向を調査

IT総合
ニールセン デジタル株式会社は、動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2021」を元に動画コンテンツの利用状況と利用者の意識を分析し、発表しました。
本調査は2021年3月10日~12日にかけて実施され、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15才(高校生)以上の男女、約3000人を対象に調査を実施。
女性及び若年層の利用者が増加
2020年、オンライン動画サービスは一気に私たちの生活に身近なものとなりました。特に有料動画サービスの利用状況が大きく変化し、Disney+やNHKプラスといった世間の話題を集める新たなサービスが開始されたことは、読者の方の記憶にも新しいでしょう。ニールセン社のレポートによると、インターネット利用者における有料動画サービスの利用率は、昨年の30%から36%に増加していることが判明。この成長率の伸長は直近3年間では最も大きなものとなっています。
ニールセン社が動画サービスを「直近1年以内に利用し始めた人」と、「1年以上前から利用している人」を比較したところ、最近利用し始めた人は女性が52%を占める一方で、既存の利用者では女性の割合が46%と若干低くなっています。さらに年代別では、最近利用を始めた人全体では19歳以

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました