コロナ禍で押し進められたDXの中、AIに期待される今後の役割とは

IT総合
アフロ
編集部注:この原稿は、MIN SUN(ミン・スン)氏による寄稿である。同氏は、AppierのチーフAIサイエンティストを務めている。Appierは、AI(人工知能)テクノロジー企業として、企業や組織の事業課題を解決するためのAIプラットフォームを提供している。
2020年、新型コロナウイルスの存在が確認されて以来、その猛威は世界中に広がり、2021年になった今でも終息のめどが立っていない。
新型コロナウイルス感染症の流行により、人々の健康に対する意識はもちろんのこと、社会のあり方そのものに対しても大きな影響を与え、ミクロレベルからマクロレベルにいたるまであらゆるものごとが変革を余儀なくされたことに疑いの余地はない。
特に、営利企業において新型コロナウイルスの影響は甚大で、これまで遅々として進まなかったデジタルトランスフォーメーション(DX)が事業規模の大小を問わず急速に押し進められている。
この状況下、にわかに注目を集めているのが業務の自動化や省力化を得意とするAI技術の活用だ。
これまで、AIという技術に対する疑心や懸念をもっていたために活用に消極的だった企業においても、AIソフトウェアパッケージの導入やシステム開発が加速している。
新型コロナウイルスの流行が5年分のDXを1年で押し進めた
新型コロナウイルスの流行拡大により、企業内で最も大きく変わったことといえば、従業員

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました