写真と現代アート専門のNFTプラットフォーム「HYPER EDITION」始動!

IT総合
株式会社東京フォト委員会は、写真と現代アート専門のNFTアートプラットフォーム「HYPER EDITION」を設立。5月開催のプレセールを経て、6月にはNFTによる記録管理システムを実装させたプラットフォームをリリースする予定です。
混沌としたデジタルアート市場に「HYPER EDITION」誕生
投機目的で市場が盛り上がっている現在のデジタルアート市場。2020年7月頃から、NFTアートの取引も行われるようになりました。NFTとはブロックチェーン上で記録される非代替性トークン(証)のこと。画像や映像ファイルをNFT化することで、オンラインで個別にデータ管理をすることが可能です。
NFT化することで、期待されることとしては、
・オリジナリティー(固有性)やオーセンティシティー(正統性)の認証
・ 所有権とその移転記録が可能
・ 改ざんすることが不可能
が挙げられます。
また、NFTアート作品は、プライマリーマーケット(作家から購入者へ)と、セカンダリーマーケット(再販市場)での売買が可能。セカンダリーマーケットでは、従来のアートマーケット同様、作品の価値が上がることが期待され、NFTアートはデジタル資産としても注目されているのです。
しかしながら、NFTアートのためのクオリティーの高さが担保されていないなど、鑑賞者と出品者の双方が安心して楽しめるプラットフォームが未だ存在しないのが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました