3軸手ブレ補正付きジンバルカメラが新登場! 「MONA MOIN Camera」とは

IT総合
徐々に暖かくなってきた今日このごろ、外に出て風景を撮影したいという読者も増えているのではないでしょうか。株式会社ケンコー・トキナーは、4Kジンバルカメラ「MONA MOIN Camera」を2021年5月21日より販売開始。同製品の想定販売価格は4万2800円(税込)です。
手のひらサイズに最先端技術
「MONA MOIN Camera」の最大の特徴は、手のひらで軽く包める小さな本体。そこにジンバルカメラの最先端技術を詰め込み、最大4K / 60p出力が可能な1200万画素CMOSセンサーや、3軸での手ブレ補正機能が搭載されているのが驚きです。例えば、街を歩きながら撮影するときに起こりがちな「後で動画を見ると、画面がブレて酔ってしまう」という心配もなくなり、滑らかな撮影を実現することができます。
販売するケンコー・トキナー社は「大型の2.45インチの大型タッチモニターと90°のチルト回転機能に加え、120°の超広角レンズは、撮影の感動・楽しさをリアルに伝えてくれます」。本体についているボタンは、電源ボタンと撮影ボタンの2だけだから、モニターのタッチ操作と加えて、誰でも直感的に操作することができます。
タイムラプスやフェイストラッキング機能も
なかでも注目したいポイントは、タイムラプス(低速度撮影)をはじめパノラマ、スローモーション、フェイストラッキング機能、FPVモードなどの多

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました