Apple、WebKitの脆弱性に対処したSafari14.1をリリース

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Appleは現地時間5月4日、macOS Catalina及びmacOS Mojaveユーザー向けにSafari14.1をリリースしました。
WebKitに関連する2つの脆弱性に対処
今回のアップデートでは、現地時間5月3日にリリースされたmacOS Big Sur 11.3.1と同様、WebKitに関連する2つの脆弱性に対処しています。Appleのサポートページによると、macOS Big Su
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました