App Storeの検索タブに広告専用スペースが出現

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Appleが、ユーザーがアプリを検索する前に広告を表示できる新たな広告スペースをApp Storeに設置したことが明らかになりました。
設定からターゲット広告を無効にすることも可能
App Storeでの広告自体は2016年から導入されていますが、広告は検索後に表示される仕組みでした。今回、App Storeの検索タブに広告スペースが新たに出現したため、アプリ開発者はユーザーがアプリ検索を行う前に
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました