大手家電量販店7社の株主優待を徹底比較!ヤマダ、ビックカメラ…「配当+優待利回り」がもっとも高いのはどこ?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
コロナ禍で苦戦する企業が多い中、家電量販店は巣ごもり需要も追い風となり、業績は好調だ。今回は買い物がお得になる株主優待が人気の大手家電量販店7社について、各社の特徴と優待内容を比較し、紹介する。銘柄を選ぶ際のポイントや注意点もあわせて確認しておこう。目次1,大手家電量販店の株主優待の特徴2, 大手家電量販店7社の「配当+優待利回り」ランキング!3,大手家電量販店の株主優待銘柄の特徴を徹底解説4,大手家電量販店の株主優待銘柄を選ぶときの注意点5,株主優待は利用目的・金額にあわせて選ぶ1,大手家電量販店の株主優待の特徴 (画像=ltyuan/stock.adobe.com)まずは株主優待の仕組みやメリット、大手家電量販店の株主優待の特徴を簡単にまとめておこう。株主優待とは?仕組みやメリット株主優待は、企業が株主に利益を還元する方法のひとつであり、株主には自社の製品やサービス、その商品などが進呈される。株主優待を実施している会社は1,471社あり、選ぶ楽しさもある(2021年3月19日時点)。株主優待を受けるには、各企業が定める権利確定日(基準日)時点で株主名簿に記載されていなければならない。この条件を満たすには、「権利確定日」の2営業日前にあたる「権利付き最終日」までに株の購入が必要だ。銘柄によって、優待獲得に必要な株数や保有期間(1年以上継続保有など)は異なるため、注意しておきたい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました