オンライン完結で営業活動し経営者・決裁者に直接アポが取れるSaaS「アポレル」のアライアンスクラウドが8000万円調達

2017-08-24_00h03_35 IT総合
セールステック事業を展開するアライアンスクラウドは6月9日、第三者割当増資による約8000万円の資金調達を発表した。引受先はベクトルなど。調達した資金は、経営者・決裁者限定の決裁者アポ獲得支援SaaS「アポレル」の機能開発、サービス拡大に利用する。
アポレルは、オンライン完結で決裁者にアポが取れる完全審査制の決裁者アポ獲得支援SaaS。自社営業マンに代わりオンライン完結型の営業活動を行うことで自社営業リソースを増やすことなく、効率的かつスピーディーな決裁者アポイント獲得を実現する。顧客企業の決裁者と直接マッチングすることで、成約可能性の高い新規リードのみを獲得することや、アプローチから契約締結までの時間を短縮できるとしている。
アポレルは、購買意思決定者である決裁者しか登録できないため、ニーズがマッチすればスピーディーにアポが決まるという。また「アポを実施する意思だけではなく、アポを受ける意思も持っている」などを判断軸に審査制を採用。そのため、他社サービスの導入意欲が高い企業のみが集まったコミュニティが成立しているそうだ。ターゲットやニーズを選び、日本全国の決裁者にオンラインでアポを取ることを可能としており、効率的な顧客開拓やパートナー探しを行えるとしている。
同社は、アポイント獲得手段として「決裁者へのダイレクトメッセージ機能」「決裁者限定のオンラインピッチイベント」「コンシェル

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました