リサイクル鉛市場―タイプ別(軟質鉛、鉛合金、鉛酸化物);アプリケーション別(バッテリー、ロールおよび押出製品、顔料、その他);およびエンドユーザー産業別-世界の需要分析と機会の見通し2029年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは調査レポート「リサイクル鉛市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年06月 10日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。鉛は世界で最もリサイクルされた金属であり、使用されている鉛の 50% 以上がリサイクルされた鉛です。市場の成長は、リサイクルされた鉛のシンプルな製造プロセスと費用対効果に起因する可能性があります。ハイブリッド車と電気自動車の製造の増加は、EV 用バッテリーの製造における鉛の使用に支えられ、市場の成長を後押しすると予想されています。2018 年、世界の電気自動車の販売台数は 500 万台を超え、前年比 60% 以上増加しました。世界のリサイクル鉛市場の成長に影響を与えるもう 1 つの要因は、鉛鉱石の枯渇による鉛鉱山の減少です。鉛採掘の規制の急増につながるさまざまな環境保護 NGO からの圧力は、市場の成長を後押しすると推定されるもう 1

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました