ETHチューリッヒはスマートウォッチでホルモンの分泌を制御!

2017-08-24_00h03_35 IT総合
将来的には、一般的なスマートウォッチでホルモンの分泌まで制御できるようになるかもしれません。
多くのスマートウォッチは、心拍数の測定に緑色LEDを使用しています。ETHチューリッヒの研究者らは、この緑色LEDを遺伝子発現の調節に利用する手法を考案しました。
皮膚を介して細胞の挙動に変更を加えることで、たとえばインスリンなどが分泌できるといいます。
緑色LEDに反応する分子スイッチを開発
研究では緑
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました