ワクチン接種拡大による気の緩み、未成年の感染者増加の誘因に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルスの感染拡大のペースが鈍化し始め、対策のための行動制限が全米各地で緩和される中、ワクチンを接種しておらず、感染から守られていない子供や若者たちが、社会全体の「気の緩み」の犠牲になる危険性が高まっている。米国小児科学会によると、今年5 月21~27日の1週間の新規感染者は、24.3%が未成年者だった。だが、当然ながらこの数値には、すべての感染者が含まれているわけではない。実際の感染者
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました