究極の空撮へ! ソニーがミラーレスα搭載可能なプロ向けドローン「Airpeak S1」9月発売

IT総合
ソニーグループが開発を進める高機能なドローンAirpeakの第1弾として、「Airpeak S1」を9月に発売すると発表しました。
独自開発のモーターやプロペラ、センシングなどで緻密な飛行を可能にしつつ、フルサイズミラーレス一眼カメラαを搭載できる機種としては世界最小クラスを実現しました。機体を意のままに操りながら高画質の空撮ができるとうたっています。
強風でも安定飛行
Airpeak S1の主な特徴としてまず、運動性能が高いことが挙げられます。ペイロードなしでの最高速度は時速90キロ、最大傾斜角度55度などダイナミックな飛行が可能です。また最大秒速20メートルの耐風性能もあり、強風時にも安定飛行できます。
そして飛行を安全で安定的なものにするためにカメラを機体5方向に配置し、カメラがとらえた情報を高速処理し、他のセンサー情報を併せて自己位置や姿勢、周囲の空間などをリアルタイムに認識するようになっています。
8K動画撮影対応のα1も
一方、撮影機能の方はというと、幅広いカメラやレンズを選択できるようになっています。フルサイズミラーレス一眼カメラαを含めαシステムから選択でき、8K動画撮影に対応するα1も搭載可能です。
そうした高性能カメラがとらえた映像を地上側ではモバイルアプリ「Airpeak Flight」でリアルタイムに確認でき、必要に応じて機体やカメラを操作すれば思いのままの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました