アップルの最新アクセシビリティ機能は手足や声が不自由な人へさらに寄り添う

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Apple(アップル)はWWDC 2021で、さまざまなニーズに対応するアクセシビリティ機能を発表した。その中には、通常の方法でデバイスに触れたり話したりすることができない人々のための機能も含まれている。Assistive TouchやSound Controlなどの改良により、これらの人々はiPhoneやApple Watchと対話するための新たな選択肢を得る。
Assistive Touchは発表時にも取り上げたが、先日、その詳細が明らかになった。この機能は、Apple Watchを持っている人が、さまざまなジェスチャーを使って片手で操作できるようにするものだ。腕が欠損している人や腕を思いどおりに使えないといった四肢に障がいを持つ人々のコミュニティからの、Apple Watchを気に入っているが、鼻で電話に出るのにはうんざりだという声を同社が耳にしたことから生まれた。
関連記事:Apple Watchに検知した手の動きで操作する「AssistiveTouch」機能が追加
研究チームは、他の指と親指をくっつけたり、手を握りしめたりするジェスチャーをApple Watchが正確に人気する方法を開発した。これらのジェスチャーとそのダブルバージョンは、さまざまなクイックアクションを設定することができる。その中には、ユーザーの手首の動きを模した小さなドットである「モーションカーソル」を開

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました