団地間で衝突 根底の傷ついた心

2017-08-24_00h03_35 IT総合
原発事故が起きた福島県では多額の賠償をもらった人とそうでない人の間に激しい軋轢(あつれき)による「見えない壁」が生まれた。しかし、その軋轢は少しずつ解消。福島の人たちが望んでいたのは、ただ穏やかに暮らすことだったからだ。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました