コロナ蔓延地域で効果を示すも日陰者のイベルメクチン

2017-08-24_00h03_35 IT総合
インドではイベルメクチンの話題が沸騰中だ。インド弁護士会が5月25日、WHOのインド出身科学者ソミヤ・スワナミサン博士を訴えたのだ。博士は5月10日に「WHOは臨床試験以外でのCOVID-19に対するイベルメクチンの使用を推奨していない」とツイートしていた。
RapidEye/iStock
弁護士会の法的通知には、博士は「自らの目的を果たすために、偽情報を広めてインドの人々を誤った方向に導いている
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました