ブタを用いた研究で心臓の自己再生能を活かした心不全の遺伝子治療に光、米ベイラー医科大学研究チーム

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ブタを用いた研究で心不全に対する遺伝子治療に光
心臓の自己再生能を活かした遺伝子治療の臨床試験で有望な結果が示された。
ブタを用いた同試験では、この治療法の忍容性が確認されただけでなく、心筋梗塞によって損傷を受けたブタの心機能が治療後に改善することが示された。
米ベイラー医科大学教授のJames Martin氏らによるこの研究結果は、「Science Translational Medicine」
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました