歩道橋事故20年 遺族語る思い

2017-08-24_00h03_35 IT総合
兵庫県明石市の歩道橋で2001年7月、花火大会の見物に訪れた11人が死亡した事故は21日、発生から20年を迎えた。市の新規採用職員を対象にした研修が現場の歩道橋であり、遺族が安全への思いを語った。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました