タムロン、初の富士XマウントとソニーEマウント向け16.6倍ズームレンズを開発発表

2017-08-24_00h03_35 IT総合
タムロンは7月21日、同社初となる富士フイルムXマウント用レンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061)」を、ソニーEマウント用とあわせて同時開発していると明らかにした。2021年中の発売を予定しており、価格は未定となっている。タムロン、ソニーα用の大口径標準ズームレンズを開発
タムロンでは2018年に発売した大口径ズームレンズ「28-75m
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました