球場改修も無観客 響くセミの声

2017-08-24_00h03_35 IT総合
福島県営あづま球場でのソフトボールの開幕戦は無観客で、観客席にはセミの鳴き声が響いていた。球場では、五輪に向け、車いす利用者向けの観覧スペース増設、グラウンドの芝の張り替えなど、約13億円の大規模改修が行われていた。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました