統数研など、準結晶の相形成を予測する法則を機械学習を用いて発見

2017-08-24_00h03_35 IT総合
統計数理研究所(統数研)、東京大学、東京理科大学の3者は7月20日、機械学習のアルゴリズムにこれまでに見つかった準結晶の組成パターンを読み解かせ、機械学習のブラックボックスモデルに内在する入出力のルールを抽出したところ、準結晶とそれに類似した近似結晶の相形成に関する、新しい化学組成を予測できる法則を見出したと発表した。AI×シミュレーションで新材料探索を高速化するクラウドサービスが提供開始
さら
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました