非ESG企業に海外勢が圧力

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
国際分散投資を展開する機関投資家に続いて個人投資家のマネーもESG投資へ流入している。一方、ESGへの企業の態度にはばらつきがあり、投資家と企業のESGをめぐる認識のずれが時に株価の波乱を巻き起こしている。海外投資家の中には、ESGの価値観を共有できない企業に対して、ESGを標榜する機関投資家が株主として圧力をかけるケースもある。ESG企業は、株価が上がり、配当も増える⁉ (画像=JanPietruszka/PIXTA、ZUU online)ESG投資の急速な普及の土台には、掛け声倒れに終わりがちだったSRI(社会的責任)投資がある。ESGもSRIも、利益一辺倒の経営スタイルに「ノー」を突き付けるものだが、根本的な考え方は大きく異なる。SRIが誕生したのは1920年代の米国とされる。100年前の当時、企業の社会的責任の観点から、キリスト教会がタバコや武器、ギャンブルなどの業種の株式を資産運用の対象から外したのが発端だというのが定説だ。これらは人類愛を説くキリスト教の教義の延長線上にあった。ただ、突き詰めていくと、現世で利益を貯め込む空虚さを説く聖書との折り合いの問題も出てくる。教会関係者に加え、ともすると資本主義的な企業活動に否定的な環境保護団体までSRIを支持しても、企業価値の増大につながらなければ、単なる企業モラルの問題で終わってしまう。2000年代前半にも世界的にSRIブー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました