YouTubeが一部クリエイターを対象にライブストリームからのショッピングを試験的に開始

2017-08-24_00h03_35 IT総合
YouTube(ユーチューブ)は、視聴者がライブストリームの動画から直接商品を購入できる新機能のパイロットテストを開始する。この機能は、2021年初めにYouTubeがベータテストを開始した統合型ショッピング体験を拡張したもので、当初は一握りのクリエイターとブランドのみで開始されるとのことだ。
統合型ショッピング体験はオンデマンド動画のみを対象としており、視聴者は信頼できるクリエイターの「信頼性と知識」を利用して十分な情報に基づき購入できる、と同社は当時説明していた。2021年中にさらに多くのクリエイターに展開される予定だとも述べていた。
最近では、小規模な企業に絞った1日限りのショッピングイベントで、ライブストリーミングによるショッピングをテストした。
YouTubeの動画プラットフォームは、長年にわたり商品を発見するための強力なツールとして利用されてきた。毎月20億人以上のログインユーザーが同社のサービスを利用して、商品のレビュー、デモ、開封の儀、ショッピングの様子など、将来の購買意欲をかきたてるコンテンツを見ている。しかし、YouTubeの動画で販売したいクリエイターは、動画の説明文や、カードや終了画面などの動画内の要素によって、オンラインショップへのアフィリエイトリンクを宣伝しなければならないことが多かった。
最近では、クリエイターが選んだ特定の商品を視聴者が購入できる「商

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました