バーチャルの姿で配信をしたい人必見! 人気アバター系アプリの使い方を紹介

VR
近年、スマホで手軽にライブ配信できるプラットフォームが人気を集めています。その中には、VTuberのようにキャラクターになって顔出しせずに配信ができるプラットフォームも多数あります。
もともと、バーチャル上で本格的な配信をしようとすると、機材や高度な知識、予算など高いハードルが待ち受けていました。しかし「REALITY」や「Mirrativ」のようなアプリを使えば、スマホ1台ですぐにでも配信が可能です。また、アバターのカスタマイズやコラボ機能など、より配信を楽しくする機能が用意されているアプリもあります。
今回の記事では、スマホでアバター配信が可能なプラットフォームを紹介します。
目次
REALITYIRIAMMirrativ(エモモ)SHOWROOM(SHOWROOM V)各アプリの比較
REALITY
「REALITY」は、スマホでバーチャルライブのできるアプリです。3Dアバターは自分好みにカスタマイズが可能で、インカメラでユーザーの表情を読み取って動きと連動します。さらに、アバターガチャのアイテムでコーデを自由に行えます。
バーチャルコミュニティとしての側面もあり、「コラボ配信機能」を使えば、最大4人まで同時参加も可能です。また、写真とアバターを合成する画像機能が新たに実装されており、現実の背景を組み合わせた画像を作成できます。バーチャルSNS「cluster」でREA

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました