コンテナとK8sの構築手法、ガートナーが勧めるクラウド・ネイティブな組織編成とは

2017-08-24_00h03_35 IT総合
アジャイルなどの開発手法やマイクロサービスなどのアーキテクチャーの進化を背景に、アプリケーション・インフラに求められる要件が大きく変わりつつある。そこで脚光を浴びているのがコンテナ技術と、そのオーケストレーション技術であるKubernetes(k8s)だ。両技術によりシステムはどう変わるのか。ガートナー ジャパン バイス プレジデント アナリストの桂島航氏が、コンテナやKubernetesの活用の意義から企業の導入状況、展開のポイント、課題までを解説する。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました